FC2ブログ

えーすwになりたくて
FF11戦士でえーすwになりたい人のblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

言われてみれば

人に言われて初めて気づくことって世の中多いわけですが、

ミュルグレス ※赤魔道士のミシックウェポン
片手剣 D40 隔224 魔法命中率+10 コンバート性能アップ ロズレーファタール
アフターマス:魔法命中率+ 魔攻+ 時々2回攻撃 赤 Lv75 RaEx


ミシックウェポン完成の苦労(少なくともアレキ@3000gil×3万個)を考えると
作成する意義って???と個人的に思っていたわけですが、

某blog様で知り合いが完成させたということへのコメントを拝見し、

見た目がオリジナル
(勝手リンクなのでそのうち消すか消えます)

・コンバート性能アップが結構いい
 -コンバート時に最大HPの半分回復する形ですが、ケアルしなくていいぐらい
 -女神の印が温存できる
 -ヘイトを気にして離れてコンバする必要がない、ストンスキンしなくても死ぬ心配がない


そして、
・元々スーパージョブの赤なのに強化されるのはかなり価値がある


正直、「見た目のよさ」しか気づいていませんでした。

言われないと気づかない、その効果のよさ。


そんな感じでミュルグレスの良さを他に考えてみたところ、

・コンバート時に最大HPの半分が回復する

ここに注目してみたんですが、半分が回復するということは、
元々のコンバートの性能、「現HPとMPを入れ替える。」からして、

たとえば、赤盾などで攻撃されてHPが急に減った際(たとえば200とか100とか)に、

ミュルグレスがある場合は、

残MPが400とかあったらコンバしてHPが入れ替えの400+ミュルグレス性能により
最大HPの半分(赤盾してれば、きっと1300とかの半分で)650とかが回復して
アビでHPを1000以上に回復できるわけですよね。(ただし推測)
※MPは残HP分しかなくなりますが(結構致命的ですが死ぬよりはマシ)


人からの回復では間に合いそうにない!
自分のケアルIVは間に合わない!(あるいは蝉がなくて中断されるかも!)

というときにはいいのかもしれない、という他人の評価に乗っかった形で
ミュルグレスへの熱い想いを書いてみました。

まあ、8分20秒に1回のコンバートなんですけど。


スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/09/01(火) 18:29:35|
  2. ┣ 赤魔道士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

赤盾?ヘイト稼ぎについて

赤盾をすることが稀にあるのですが、(そういえば最近ないな(´・ω・`)

立ち振る舞いに確固たる信念がありません。

ここでいう立ち振る舞いとはズバリ、ヘイトの稼ぎ方。
つまりは盾の基本の部分に信念がないわけだ。

盾といえば、
・後衛、アタッカーにタゲを取られない
・他の盾とタゲを回す

この二つによって、ヘイトを上げつつ被弾されないことで下げにくくすることになるのだと思う。
・タゲを取られない=ヘイトを上げている
・被弾されない=ダメージによるヘイト抜け、後衛からのケアルによる他へのヘイト移動を防ぐ

つまり、いかにヘイトを稼ぎつつ回りとのペースを合わせるか、なのであろう。
後者のペースを合わせるに関しては、正直相方がどのような振る舞いや装備であるかにもよってしまう。
場合によっては必死に敵対行動を取っても無理な場合もあれば、装備を変更しなければならない場合(敵対心装備を増やす)もある。
あるいは被弾の隙を狙ってケアルをしタゲを取り戻すなど。

チームとしての盾の理想としては行動に関わらずヘイトが近いことでタゲを回し、主流のサポ忍の空蝉で攻撃をかわしつつ、1発でも被弾したら相方にタゲが移る、を繰り返すのが究極の理想なのではないかと思う。

たった一人で凌ぎ切ろうというのは、理不尽なダメージを受ける攻撃がバグのように突然やってくるFFでは向かない方法で、もし相方がヘイト稼ぎをサボっていた場合、後衛やその他にタゲが向きあっというまに半壊ということもありえる。

一人でヘイトハッスルしている盾を相手に相方としておっかけてヘイトを稼ぐのは結構つらい。
場合によっては何でこんな馬鹿のために、、とも思えなくもないので、ヘイトを稼ぎすぎるのも事故に繋がる可能性があり、勝てればいいや、ならばまあ、いいですが強敵を相手に100%に近い確率で勝利を求めるのであれば盾の振る舞い(ヘイトの遷移)も非常に気になるところ。


なんてグダグダと信念論に足を踏み入れてしまいましたが、今日まとめてみたいのは赤盾におけるヘイトの稼ぎ方について。

赤盾といえば、
 ・空蝉、ストンスキン、ファランクスで攻撃を回避、防御
 ・ブライン、バインド、スリプル、スリプルII、ディスペルでヘイト稼ぎ
 ・被弾したらケアルIVで自己回復によるヘイト稼ぎ
 ・被弾した仲間へのケアルIVでヘイト稼ぎ
 ・ある程度のケアル補助はもらう、ヘイスト、リフレシュ(ファランクスIIの5段)はできればもらえると楽
 ・基本的な弱体魔法(スロウ、パライズ)は任せる。

といった立ち振る舞いが考えられる。

この中で、

ブライン、バインド、スリプル、スリプルII、ディスペルでヘイト稼ぎ

に、今更注目したいと思います。


ヘイトには2種類存在が確認されており、

・揮発ヘイト
ヘイトの一種で、累積ヘイトに比べ、時間と共に激しく減衰するヘイトの事。

・累積ヘイト
時間経過による減衰が非常に小さいヘイト。またはそのようなタイプの行動を積み重ねることで得られる累積したヘイト。

と、それぞれ呼ばれ内容も異なる。

盾をする場合、2種類のヘイトが含まれる魔法、アビリティにてヘイトを稼ぐ。
赤盾の場合、アビリティはないので、魔法で行う。


そうなると、どの魔法をどういうペースで使うかが重要となり、

具体的なヘイトの効果値、魔法の詠唱時間、消費MP、リキャストを知り、使うべき魔法を選択する必要がある。

赤盾時にヘイトを稼ぐ代表的な魔法として、(詠唱時間、MP、リキャスト)
 ・ブライン(2秒、MP5、10秒)
 ・バインド(2秒、MP8、40秒)
 ・スリプル(2.5秒、MP19、30秒)
 ・スリプルII(3秒、MP29、30秒)
 ・ディスペル(3秒、MP25、10秒)

が挙げられる。


それぞれのヘイト効果値は、(累積ヘイト、揮発ヘイト)
 ・ブライン 1 640
 ・バインド 1 640
 ・スリプル 320 320
 ・スリプルII 480 480
 ・ディスペル 320 320

(値の参考はkanicanさんより)

となり、他の有名なヘイト稼ぎ魔法、アビリティと比べると、
 ・挑発 1 1800
 ・フラッシュ 180 1280

ということで赤魔道士のヘイトを稼ぐために使われる魔法は
 ・揮発ヘイトにおいては半分以下の効果しかない
  →挑発に対し、ブライン、バインドの揮発ヘイト効果は1/3

 ・蓄積ヘイトにおいて、2倍の効果がある
  →フラッシュに対し、スリプル、スリプルII、ディスペルの蓄積ヘイト効果は役2倍

となっている。

ヘイトを稼ぐうえで揮発ヘイトが重要であることは数値よりも、実プレイでよくわかると思う。
ナイトや忍者、戦士などがフラッシュ、挑発をすると一瞬でタゲが移ることはよくみる。

つまりはヘイトを稼げているのだ。

それに対して、赤魔道士がふいにディスペルやブラインをしてもタゲが来ることはない。
(レベル上げなので盾が開幕に構えるだけで何もしないと、突然くる例もあるが)

それを考えると、赤魔道士の盾の場合、上記の魔法を挑発やフラッシュのように30秒(挑発とフラッシュのリキャは大体30秒)ごとに使っていれば固定できるだろう、というのは大間違いなのである。

そうなると、上記の魔法をいかに効率よく連続して打ち込んでいくかがポイントとなる。
ヘイト稼ぎ魔法連打→ヘイトがくるので空蝉、ストンスキンのかけなおし→被弾したらケアル、と

非常に忙しい。

まあ、ナイトも忙しいんですが、赤魔道士とナイトで決定的に違うのはMP回復手段に優れている点。
リフレシュ、バラードは他人からもらえるので差はでないが、やはり重要なのは「コンバート

このアビリティをタイミングよく使うことでMP回復をしつつ、自己ケアルで蓄積ヘイトも稼げるという優れもの。
これについてはタゲを確保しながらコンバートというのは実に難しい、というよりも万一があってはいけないので無理にタゲを取りつつコンバートをするよりは、相方の盾がヘイトを取った際などにしれっと行うのがいい。
タイミング的にはMPが100切ったくらいで行ってしまうのが体験上好ましい。
(これ以下になるとヘイト魔法は使えてもケアルIVが使えないMPになることもあり危険)

なお、MP確保の手段としても装備、ジョブ特性では、
赤魔道士には、デュエルシャポー(1mp/3sec)、モリガンローブ/ダルマティカ(1mp/3sec)
ナイトには、アレスキュイラス(1mp/3sec)、ジョブ特性リフレシュ(1mp/3sec)
が、あり、2mp/3secでのMP回復が可能。

他にもバルラーンリングやパレードゴルゲット、ヘラクレスリングと特定の条件下で発動するリフレシュ装備があるが、ほぼ互角といえよう。


では、赤魔道士の行動、どのヘイト魔法をどういう順番で使うと効率良くヘイトが稼げるか、の話題に戻りたい。

実は結論が出ていない。というか闇雲なレベルともいえる。

ひとついえるのは、オメガやアルテマ、ラヴ、日輪クエなどで赤盾をしたことがあるが、
同じ赤盾でどうしてもタゲが偏ってしまうなど個人的に上手くいけている気がしない。

結果的に戦いに勝利していれば大きな問題はないのだが、やはり突き詰めたい、ということで。


ヘイトの稼ぎ方は、

 揮発ヘイトは技ごとに揮発するものではない。
 たとえば挑発だけ揮発ヘイト行動をすると、再使用時間と同じ30秒で
 挑発のヘイトは完全に消えてしまう。
 しかしフラッシュなどを他の揮発ヘイト行動と組み合わせると
 揮発速度より蓄積速度が優り、挑発のみ・フラッシュのみより効果が持続しやすくなる。


ということがあるので、

 ・ブライン 1 640
 ・バインド 1 640
 ・スリプル 320 320
 ・スリプルII 480 480
 ・ディスペル 320 320

からして、

ヘイトが弱いとき(開幕、タゲを取られているとき)には、揮発ヘイトの高い「ブライン」「バインド」を打ち、その揮発が消える前に「ディスペル、スリプルII、スリプル」の蓄積ヘイトでタゲを固定する。
タゲがきた際には当然、空蝉、ストンスキンで防御しつつ自己ケアル(は蓄積ヘイト)でがっつり固定していく。

ちなみに個人的には自己ケアルよりも空蝉、ストンスキンでしっかりガードしてブラインやディスペルを打つほうが固定できている気がする。(回復は後衛に任せてしまう)
自己ケアルを詠唱中断で潰されたり、周りの神反応ケアルに先を越されてMPを失うだけ、なんてことになることも多く、その点が個人的に好きでない理由。
これが間違ってて今まで完璧と言えないのかもだけど・・・


という感じでどうだろうか。

まあ、普段もやってるんですけどね。
ただ、とりあえずその辺の魔法を連打、リキャがまだなら他の魔法を連打、というある種必死な状況になっているだけなので、上記を意識しながら今後は戦ってみたい。

ちなみに、リキャスト、消費MPで優秀なのは
揮発 「ブライン>バインド」
蓄積 「ディスペル>スリプルII>スリプル」
と、考えている。あくまでも持論。優秀の基準は主にリキャストで連打できる点ですけどね。

最後に、
「Kanican」さんを読んでいて気になったこと、、

?コンバートにはやや揮発ヘイトがあり(80)、タゲがきてないからといって闇雲に使うと使った瞬間の自己ケアル前にタゲが来る可能性がある。

?スパイク系の魔法には揮発ヘイトが480もある。3種リキャは10秒で効果は違えど5MP、16MP、25MPとコストパフォーマンスが良い。


次回は装備について。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/09/02(火) 09:11:18|
  2. ┣ 赤魔道士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。